記事の詳細

2013年9月9日、カジノ運営会社のラスベガス・サンズとMGMリゾーツ・インターナショナルは、日本国内でのカジノ建設における候補地探しを進めているというニュースが届きました。

2020年に東京オリンピックが開催されることが決定されたことを受けて、日本国内でカジノ構想が実現に向かうという期待がされているようです。


東京オリンピック開催決定



カジノ法案が可決する可能性

オリンピックの開催で世界中の国々から観光客が押し寄せてくることが予想されています。

2020年の東京オリンピック開催中に利用できる娯楽施設を提供するためにカジノ合法化が可決される可能性が高いと考えているようですね!

上述した2企業だけでなく、シーザーズ・エンターテインメントやウィン・リゾーツ、ゲンティン 、メルコ・クラウン・エンターテインメントなどの企業も新たなカジノ市場として日本の東京に関心を示しています。


ラスベガス・サンズ
(ラスベガス・サンズの公式サイト)



東京オリンピックとの相乗効果

日本のカジノ解禁における経済効果は1兆円規模だと見込まれています。

もしオリンピックの開催時期に合わせてカジノが誕生すれば、日本にとってはオリンピックとの相乗効果で1兆円を上回る額のとんでもない経済効果が期待できますね!

そして、世界中に日本のカジノをアピールする絶好の機会になると思います。東京オリンピックの開催決定という追い風で、カジノ解禁の流れが早まるのでしょうか?

今後の動きに注目しましょう!




ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る