記事の詳細

2014年6月23日、長崎県では定例県議会の本会議を開き、本年度一般会計補正予算案など15議案を上程したというニュースが長崎新聞から届きました。

その際、県知事を務める中村法道氏はカジノを含む統合型リゾート(IR)を佐世保市にあるハウステンボスへの誘致を積極的に展開する考えを示しました。



佐世保市や経済界と共同で県民組織の立ち上げ

さらに県民の合意形成を図るために佐世保市や経済界と共同で「県民組織」を立ち上げるようです。

この「県民組織」は現在国会で継続審議となっているIR推進法案(カジノ法案)の審議状況を見ながら立ち上げる予定で、明確な時期は未定となっています。

実際に県民組織が立ち上がると、政府への要望活動や地域別説明会、さらにはカジノに関するシンポジウムなどを開催することを計画しています。


ハウステンボス
(長崎県のカジノ誘致候補に挙がっているハウステンボス)




カジノ誘致のメリットとデメリット

カジノの誘致によって、国内だけでなく海外からも多くの人々が訪れることで大きな経済効果が期待される一方、周辺地域の治安悪化やギャンブル依存症などのデメリットも考えられます。

そのため、佐世保市のIR推進協議会はこれらのカジノにおけるメリットとデメリットをしっかりと検討して方向性をまとめた基本構想を策定する考えのようです。




次回の臨時国会でカジノ法案の成立を目指す

東京や大阪などの大都市がカジノ設置の第一候補だと言われていますが、長崎県をはじめとした地方都市にもカジノが誘致されれば、地方都市の活性化につながることも期待できます。

上述したようにカジノ法案が現在継続審議となっていて、次回の臨時国会で成立を目指しています。計画通りにカジノ法案が成立することを期待しましょう^^










ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る