記事の詳細

フランス北西部のル・アーヴルは、フランスの大西洋岸で第1位の規模の港湾都市で、第二次世界大戦後に再建された中心部の街並みが20世紀の優れた都市計画として「オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル」の登録名で世界遺産に登録されました。

そのル・アーヴルの中心部にあるのが「ホテル・スパ・パジノ(Hotel Spa Pasino)」です。


ホテル・スパ・パジノ
(ホテル・スパ・パジノの外観)




施設やサービスも充実のホテル

ホテル・スパ・パジノでは、カジノやスパ、屋内プール、フィットネスセンター、さらにはレストランやスナックバーを利用できます。そし他、公共エリアでは、無料の無線インターネットアクセスも利用できます。45室のお洒落で広々とした客室には、エアコン、室内金庫、新聞、高速インターネットアクセス、衛星放送チャンネルが見れるテレビが備え付けられています。

バスルームには、もちろんバスローブやヘアドライヤー、スリッパ、バスアメニティが用意されています。また、モーニングコールやハウスキーピングを利用することもできます。


ホテル・スパ・パジノ
(レストラン)                 (客室)




カジノを楽しもう

ホテル・スパ・パジノはカジノホテルとしてヨーロッパで人気があります。フロア面積はラスベガスのカジノなどと比較するとそれほど大きくありませんが、それでも十分にカジノが楽しるほどのスペースは確保されています。ブラックジャックやルーレット、バカラなどの定番のテーブルゲームが用意されています。

フランスということで日本語が話せるカジノディーラーはほとんどいませんので、英語でコミュニケーションをする必要があります。英語で日常会話レベルのコミュニケーションがとれる方はぜひテーブルゲームをプレイしてみてください。また、日本語しか話せない方はスロットマシンがお薦めですね!


ホテル・スパ・パジノ
(スロットマシンフロア)




周辺には観光名所も数多い

ホテル・スパ・パジノの周辺には、1961年に開館されたモネ・マネ・ゴーギャン・ルノワール・シスレーなどの作品が収蔵されている「アンドレ・マルロー美術館」、1951年から57年にかけて建造された鉄筋コンクリートの「サンジョセフ教会」など観光名所も数多くあります。

また、華やかなヨットハーバーや2キロにわたるビーチなども魅力です。フランスのル・アーヴルを観光される際は、大型のカジノホテルでありながら、とてもリーズナブルな「ホテル・スパ・パジノ」を利用してみてはいかがでしょうか^^


ホテル・スパ・パジノ
(アンドレ・マルロー美術館に展示されている作品)






【ホテル・スパ・パジノ】

所在地: Place Jules Ferry, Le Havre, Seine-Maritime, 76000, France

1)テーブルゲーム
バカラ、ルーレット、ブラックジャックなど

2)スロットマシン










大きな地図で見る







ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る