記事の詳細

マカオは1999年までポルトガル領だった中国の特別行政区です。そのため東洋と西洋の融合した中国とは全く異なった雰囲気のリゾート地で、カジノと世界遺産で注目を集めています。

パールリバーの河口にある港町でポルトガル領だったころのヨーロッパの雰囲気が至る所に残り、世界遺産の聖ポール大聖堂は東洋におけるキリスト教最大の布教拠点でした。その建設にはポルトガル人・華人・日本人も関わっています。 


ホテル・リスボア
(ホテル・リスボアの外観)



マカオの中でも老舗として知られています

マカオカジノの老舗といえば、ホテル・リスボア (Hotel Lisboa) にあるカジノ・リスボアです。リスボアホテルに併設されたカジノはマカオカジノの代名詞で、ネオンが目印のカジノです。ドレスコードなどが比較的カジュアルで、ゲームを楽しむことができます。

バカラ・ルーレット・スロットマシンなどが揃っていて、中国・香港からたくさんの人が利用しています。カジノ・リスボアの中国名は葡京、「リスボン(ポルトガル・葡萄牙)の都」という意味です。 


リスボアホテルの隣にはグランド・リスボア(新葡京)がオープンしました。大きな卵型のドームの大型カジノで、派手さは群を抜いています。ラスベガス式のショーを無料で見ることができます。


グランド・リスボア
(中央の建物がグランド・リスボア)




幅広い層の人々に愛されているカジノ

カジノフロアはマカオの中でも人気があり、週末などは大勢の人々で賑わっています。フロア内は撮影禁止になっています。

カジノは高級なイメージがありますが、リスボアのカジノは大衆的なカジノという感じで、幅広い層の人々がゲームを楽しんでいます。


ホテル・リスボア
(活気に溢れるカジノフロア)



1,000室を超えるホテルの客室

リスボアホテルは22階建てになっていて、1,000室を超える客室が用意されています。 全ての客室ににエアコンや書斎デスク, ワイヤレス・インターネット, テレビなどが完備されています。

客室のグレードは、スーペリアルーム、リスボアタワー・スーペリアルーム、デラックスルーム、ロイヤルタワールーム、ロイヤルスイートなどに区分されています。


ホテル・リスボア
(ロイヤルスイートの客室)



無料シャトルバスでアクセスも便利!

リスボアホテルまでのアクセスは無料シャトルバスが便利です。マカオフェリーターミナルから毎朝午前8時30分~午後10時30分まで運行しています。また、タイパフェリーターミナルと関閘(中国本土への検問所)からも無料シャトルバスが運行しています。


ホテル・リスボア 【ホテル・リスボア(Hotel Lisboa) 】

 URL:http://www.hotelisboa.com/

 所在地:2-4 Avenida de Lisboa, Macau


<カジノフロア>
営業時間:年中無休
入場料:無料

ブラックジャック、ルーレット、タイサイ(大小)、スロットマシンなどがプレイ可能




大きな地図で見る




ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る