記事の詳細

1995年に公開された映画「カジノ(CASINO)」は、1970代のまだマフィアの支配下にあった、ラスベガスのカジノを舞台にした作品です。主演はロバート・デ・ニーロ、共演者にシャローン・ストーン、ジョー・ベシなどが出演しています。


映画「カジノ」


実話を基にして作られた映画

この映画「カジノ」は実際にあった話を題材として製作されています。そのため、物語の登場人物はモデルになった人物が実際にいたため、よりリアルなストーリーとなっているのが特徴です。

1970年代ラスベガスは全米で唯一合法でカジノができる場所として存在していたのですが、そこはギャングの支配下となり、犯罪が絶え間なく起こり、無法地帯と化していました。ラスベガス・ナンバーワンの人気を誇っていたカジノ「タンジール」では、プロのギャンブラー「エース(ロバート・デ・ニーロ)」が仕切っていました。


カジノで生計を立てるエース

エースはかつてシカゴで不法賭博により稼いでいたのですが、警察に追われる生活を経てラスベガスに流れ着き、生活が一変します。エースにとってはギャンブルは仕事、運などは一切信じない性格のため、確かな情報を掴み理論的に賭けていくことで、カジノで生計を立てていました。

そのようなエースの行動を次第にギャングから一目置かれるようになり、大きな仕事を任せられるようになります。


映画「カジノ」
~「タンジール」を仕切る事になったエース(ロバート・デ・ニーロ)~




ジンジャーとの出会い

着実に信頼を得て、やがて「タンジール」を仕切る事になったエースは、ただ単にゲームに賭けるだけでは面白くないと様々なユニークな発案をしていき、カジノを盛り上げていきます。やがて実質的支配権を持つようになったエースですが、ジンジャー(シャロン・ストーン)という魅力的な女性と出会う事で、今までの順風満帆だった生活に変化が訪れます・・・。

映画「カジノ」ではギャングとラスベガスの最後の関係が鮮明に描かれており、見る人をワクワクさせてくれます!ラスベガスのカジノ誕生期の世界がリアルに描写されているので、とても参考になると思います。

また、現在のラスベガスのカジノでは映画「カジノ」で描かれているようなダーティな世界ではなく、厳正な監視の下にクリーンな運営がされているので、安心してカジノを楽しんでくださいね!


映画「カジノ」
~華やかな美貌を持つジンジャー(シャロン・ストーン)~



映画「カジノ」  【カジノ(CASINO)】

 1995年製作

 監督:マーティン・スコセッシ
 脚本:ニコラス・ピレッジ、マーティン・スコセッシ


 <キャスト>
 サム・“エース”・ロススティーン (ロバート・デ・ニーロ)
 ジンジャー・マッケナ・ロススティーン (シャロン・ストーン)
 ニコラス・“ニッキー”・サントロ (ジョー・ペシ)
 レスター・ダイアモンド (ジェームズ・ウッズ)
 フランキー・マリーノ (フランク・ビンセント)
 ビリー・シャーバート (ドン・リックルズ)
 レモ・ガッギ (パスケル・カヤーノ)
                ドナルド・“ドン”・ウォード (ジョン・ブルーム)











ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る