記事の詳細

オンラインカジノをまだプレイしたことのない方が一番最初に疑問を抱くのが、「そもそもオンラインカジノは合法なのか?それとも違法なのか?」ということだと思います。


日本のギャンブル事情

日本国内で法的に認められているギャンブルといえば、競馬、競輪、競艇、オートレース、宝くじ(ロトなどを含む)です。パチンコやパチスロはいわゆる三店方式で運営されていて、グレーゾーンだと言われています。

そして、国が認めていないその他のギャンブルは違法扱いされています。


ギャンブル



運営国で合法的に運営されている

そのため、「オンラインカジノは違法なのではないか?」と考えるのは当然です。

大半のオンラインカジノはその運営国で厳正な審査基準をクリアして正式にカジノライセンスを取得して、合法的に運営されています。つまり、その運営元の国の法律が適用されるため、日本国内の法律には抵触しないんです。

さらに現実には海外と日本との間での法律問題に発展するので、違法性を立証するのは非常にややこしい問題になるようです。


オンラインカジノ



合法でも違法でもない

また、日本のギャンブルにおける法律では、胴元とプレイヤーがお互いに日本国内でギャンブル行為をすることを前提に作られています。海外で運営している胴元(オンラインカジノ側)と日本国内にいるプレイヤーの間でのギャンブル行為を規定する法律は存在しません。

そのため、オンラインカジノを楽しむ行為は、「法的に合法でもなければ、違法でもない」という位置づけになります。その証拠にオンラインカジノをプレイしている日本人の方は何十万人という規模レベルでたくさんいますが、逮捕されたことは今まで一度もありません。

しかし合法だという明確な法律は存在しないので、あなたの自己責任の下でオンラインカジノを楽しんでください。

オンラインカジノ



インターネットカジノは違法

ここで注意しておきたいのは、インターネットカジノの存在です。たまに新聞やネットニュースでインターネットカジノ店が摘発されている記事を読んだことがあると思います。

このインターネットカジノとは、日本国内でお客さんを店内に連れ込んで、そこでインターネットを介してカジノ営業をする行為のことです。

これは胴元とお客さんが日本国内でギャンブル行為をするので、もちろん違法です。




将来的にはどうなるの?

オンラインカジノを合法化している国は数多く存在しています。イギリスはもちろん、最近ではスペインやポルトガルでも合法化されました。そしてアメリカの各州でもオンラインゲーミング(オンラインカジノを含む)が合法化へ向けて動き出しているというニュースが届いています。

世界的に観てもオンラインカジノが合法化される時代の流れが来ています。このような世界的な流れがある中で、さらにカジノ解禁に向けて動いている日本がオンラインカジノを違法とする法律を作成する可能性は低いと考えられています。


アメリカのニュース
(2013年3月4日、米国の司法省はネット上でのスポーツ賭博以外は違法ではないとの判断を明確にしたニュース)










ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る