記事の詳細

海外旅行でシンガポールに行く予定があるなら、カジノに挑戦してみませんか?

カジノというと「大損するんじゃないか・・・」と思う方もいらっしゃいますが、旅行のついでにちょっと遊んでみるだけなら多くの予算を用意しなくても十分楽しめます。



カジノはシンガポールの重要な産業に発展

元々シンガポールは少し前まではカジノが禁止でしたが、2005年に合法化され、そして2010年にカジノが正式にオープンして以来、シンガポールの観光事業の総利益の3分の1以上と重要な産業になっています。

また、外国人観光客の入場料は無料で、子供連れの方のために近くに託児所も併設してあります。


マリーナベイサンズ
(シンガポールでカジノが楽しめるマリーナベイサンズ)




カジノをちょっと体験したいなら予算は1万円程度で十分

シンガポールと日本円のレートは1シンガポールドル(SD)=約78円となっていますので、予算としては1~3万円もあれば十分楽しめます。

参考までにマリーナベイサンズのカジノゲームのミニマムベット(最低の賭け金)は、ルーレットで5SD、ブラックジャックで25SD、バカラが50SD、マネーホイールやカリビアン・スタッド・ポーカーで10SDとなっています。

つまりルーレットなら日本円で1ゲーム約390円程度から楽しめます(バカラのベット額は高額に設定されています)。シンガポールカジノはマカオなど他国に比べて、最低レート金額が割高となっていますが、その分高級感のある落ち着いた雰囲気を味わえると思います^^

シンガポールも以前は闇カジノが横行したそうですが、最近ではカジノの合法化によって減少傾向にあるそうです。


マリーナベイサンズのカジノ





カジノの基本的なマナーを守ろう!

もちろん他のカジノと同じくマナーをキチンと守らなくてはいけません。写真撮影はNGですし、テーブルなどの上に荷物を置くのも禁止です。大きな荷物などはフロントに預けるとよいですね!


シンガポールカジノでは、従業員にチップを渡す習慣はありませんが、大きく勝ったときなどは気前よく渡すとよいでしょう。1SD~10SD程度のカジノチップが相場となっています。直接手渡しは原則禁止ですので、テーブルの上に置くか、軽くディーラーの方へチップを投げれば問題ありません。

イマイチ、チップの渡し方が分からなければ、周りの人達がやっている方法を真似るのも良い方法ですね!

シンガポール旅行の楽しい思い出を作るためにも、上述したようなカジノの予算や基本的なマナーのことはしっかりと把握しておきましょう^^

カジノ
(マリーナベイサンズのカジノフロア)










ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る