記事の詳細

あまりカジノのイメージが無いオーストラリアですが、主要都市であるメルボルンには、クラウン・エンターテイメント・コンプレックス(Crown Entertainment Complex)と言う巨大な複合カジノ施設があります。

クラウン・エンターテイメント・コンプレックスは観光客も利用しますが、基本的には、地元の人の娯楽施設として成り立っているため、比較的ラフな格好で楽しむことができるのも、ここの特徴です。


クラウンカジノ
(カジノの入口)




巨大複合施設「クラウン・エンターテイメント・コンプレックス」

単体のカジノ施設ではなく、さまざまな施設が併設されている巨大複合施設「クラウン・エンターテイメント・コンプレックス」の一部として存在しています。


クラウンカジノ
(クラウン・エンターテイメント・コンプレックス)




「クラウン・エンターテイメント・コンプレックス」の建物には、たくさんのレストランも入店していて、かなりリーズナブルな料金で気軽に食事をすることができます。

また、カジノをしなくてもショッピングや映画などを楽しむことができますが、もしカジノに入場したい場合は、パスポートなど年齢を証明するものを携帯する必要があります。日本人は若く見られがちなので、持参した方が無難ですね!


クラウン・エンターテイメント・コンプレックス
(レストラン)                (カフェ)

クラウン・エンターテイメント・コンプレックス
(シアター)                 (ショッピングモール内)


南半球最大のカジノ!

カジノフロアには低料金で遊べるカードゲームやスロットマシン、ルーレットなど様々なゲームが揃えられており、その規模に圧倒されます。2,400機のスロットマシンと329台のテーブルゲームが用意されています。

クラウン・エンターテイメント・コンプレックスのカジノフロアは「南半球最大のカジノ」として名を知られているのです。プレイをしていると、時々ワゴンが回ってくるので、ドリンクをオーダーすることができます。

飲み物は無料ですが、スタッフにチップを渡す習慣があるので覚えておいてください。この時に渡すチップは、1オーストラリアドル程度の額で十分です。


クラウンカジノ
(盛り上がるポーカールーム)




アジアの人々もたくさん楽しんでいます

またオーストラリアは移民の国であり、メルボルンを始めとする大都市はアジア系の人が多く居住しています。そのため、カジノを利用する層は比較的アジア人が多いのも特徴となっています。

ちなみにタクシーで行く場合は、「クラウン!」と言えば、十分通じます。メルボルンに観光に行く際はぜひ、クラウン・エンターテイメント・コンプレックスに訪れてくださいね^^


クラウン・エンターテイメント・コンプレックス
(ルーレットゲームフロア)





クラウン・エンターテイメント・コンプレックス 【クラウン・エンターテイメント・コンプレックス】

 URL: http://www.crownmelbourne.com.au/

 所在地: 8 Whiteman St | Southbank, Melbourne, Victoria 3006,
     Australia


営業時間:24時間営業      年齢制限:18歳以上

<カジノゲーム>
1)テーブルゲーム(329台)
バカラ、ビッグホイール、ブラックジャック、カリビアンスタッドポーカー、カジノウォー、クラップス、ホットゾーン、ミングス、パイゴウ、ポーカー、ポンツーン、ルーレット

2)VIPルーム
バカラ、ブラックジャック、パイゴウ、ルーレットなど

3)スロットマシン(2,400機)






大きな地図で見る






ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る