記事の詳細

韓国やマカオなどの海外のカジノによく遊びに行く方々が疑問に思う項目の一つに、「カジノで獲得した賞金は税金として課税されるのか?」というものがあります。

現地での税金はもちろんその国の規定で徴収されることになりますが、日本に帰国した際にも課税されることになるのでしょうか?


税金




日本でも課税対象に

基本的にカジノで獲得した賞金は一時所得とみなされ、日本でも課税されることになります。

しかし、カジノを楽しんだ国で所得税に相当する税金を払っている場合には、外国税額控除が適用されます。つまり、現地で税金を引かれますが、外国税額控除の適用を受けることで日本での納税額は少なくなるんですね!

その際に支出した旅行代金等は「必要経費」として控除が認められます。

特にカジノで高額な賞金を手にした際は現金ではなく小切手を発行されることになるので、日本国内の銀行を通すため、税務署に見つかる可能性が高いです。

大体50万円以上の収入を手にした際は、確定申告をする必要があると言えます。







正直に申告しよう

実際には現金で受け取ったカジノの賞金を黙って日本国内に持ち込む方も存在します。

申告と納税は日本国民の義務になっているので、やはり正直に申告することを推奨します。

より詳しいことや適応の境目の判断などは専門の税理士の方に相談してくださいね!







ベラジョンカジノ


あなたも自宅で手に汗握るカジノの興奮を味わってみませんか?現在ベラジョンカジノにおいて、登録するだけで30ドルがプレゼントされるお得なキャンペーンが開催されています。

つまり、入金しなくても30ドル分の有料プレイが楽しめちゃいます(驚)この機会にぜひオンラインカジノの魅力を体験してみてください^^

もちろんPCだけでなく、スマホ(アイフォンやアンドロイドなど)からでもプレイ可能です。





※日本人スタッフによる日本語サポートも充実しているため、オンラインカジノ初心者でも安心して利用することが出来ます。



関連記事

Twitter

ページ上部へ戻る