記事の詳細

2014年8月12日、USJ(ユニバーサル・スタジオ・ジャパン)が従来のテーマパーク事業だけでなくカジノ事業の進出を目指して、複数の海外カジノ事業者と交渉をしているというニュースがブルームバーグから届きました。


複数の海外カジノ事業者と交渉

「現在、USJはアメリカのMGMリゾーツ・インターナショナルやシーザーズ・エンターテイメント、さらにはマレーシアのゲンティングループとも交渉を続けている」と、グレン・ガンペル社長がコメントしました。

さらに、ガンペル社長は「USJの中核である強み(娯楽施設の運営ノウハウや集客技術など)を活用し、より大きな事業ポートフォリオをつくる」とも語っていて、カジノを含む統合型リゾート(IR)への事業参入も視野に入れているようです。


MGMリゾーツ・インターナショナル
(MGMリゾーツ・インターナショナルの公式サイト)




大阪と沖縄がカジノ候補地

1ヶ月前に、当サイトでUSJが大阪でカジノ参入に向けて動いているというニュースを紹介しましたが、大阪だけでなく、沖縄も候補地として検討しています。

※USJのカジノ参入に関するニュース
<< USJがカジノ解禁を見越して大阪でカジノ参入を検討


沖縄においては、名護市の自然動植物公園「ネオパークオキナワ」が具体的なカジノ開設候補地として考えていて、この場所に新しいテーマパーク、もしくはIRの建設の可能性を探っている段階のようです。


自然動植物公園「ネオパークオキナワ」
(沖縄名護市にある自然動植物公園「ネオパークオキナワ」)




やはり第1希望は大阪?

USJ側としては、やはりUSJのテーマパークが隣接する大阪の人工島・夢洲にカジノを建設したい考えです。

しかし、大阪の橋下徹市長が「USJ経営者と信頼関係がない、他の業者にやってもらいたい」などとコメントをしているため、上記の沖縄を第2の候補地という位置付けで考えているのだと思います。

まだカジノ法案が成立していない状況ですが、成立前からカジノ建設に向けてさまざまな動きがありますね!

今後の国内のカジノ関連情報に注目していきましょう^^









自宅でもカジノが楽しめます!


カジノ好きのあなたに朗報です!自宅で本物のカジノが楽しめる時代が来ました。

オンラインカジノなら、PCやスマホを使って本格的なカジノゲームが楽しむことができます。

本物のカジノのようにリアルマネーを使って手に汗握る白熱したゲームが楽しめるので、世界中で人気を集めています。

下記で紹介しているページでは、『安心・安全に楽しめるオンラインカジノ』をランキング形式で紹介しています。

どのサイトも無料登録するだけで、30ドル分のリアルマネーが貰えます!

オンラインカジノ画面

<< 24時間いつでも遊べる!オンラインカジノの詳細はこちら





関連記事

ページ上部へ戻る